いまさら聞けない、賃貸ハウツー

礼金、敷金の違いとは

新しい家に引っ越しするぞ!と決めてから物件を探しますが、そもそも礼金と敷金はどう違うのかはっきり知らない人も多いのではないでしょうか。
礼金とは大家さんやオーナーにこの物件に入居させてもらいます。というお礼=礼金のイメージで解釈すればわかりやすいと思います。
すなわち礼金が高額でも退去の時に返ってこないのです。知らずに礼金を支払って退去の時に返ってこないと損をした気分になりますが、お礼の金額ですので、返ってこないのです。
礼金に対して敷金ですが、基本的には全額返ってきます。しかし、部屋の壁がたばこなどで汚れた場合や部屋の設備が壊れた場合、退去の時に入居者の負担になる場合もあります。敷金から修理費用を引かれる場合が多いので契約の際に確認が必要です。

契約の諸費用ってなに

賃貸を契約するときに敷金、礼金、家賃だけと考えて部屋さがしをすると思った以上に初期費用が高かったという経験はあるでしょうか。
それには理由があるのです。敷金、礼金、家賃の他に火災保険と賃貸保障の費用がかかります。新築で未入居の物件でない場合は鍵交換費用や消臭代をとられる場合もあります。
火災保険は万が一家事などが起きた場合に保険会社が保証してくれるので加入が必須です。
賃貸保障に関してはいろんな保証会社がありますので、物件の大家さんやオーナーが多数ある保証会社から決めている場合が多いですので保証料は契約の物件の際に仲介業者に確認することをお勧めします。
賃貸を契約する際は仲介業者の方に費用面をしっかりと確認することをお勧めします。